1. 酵素浴とは

    日本古来からの智慧・発酵。健康の秘訣「酵素浴とは」

  2. 酵素浴ひのきの特徴

    療法用の酵素や徹底した酵素管理、ホルミシス作用など、ひのきの特徴をご紹介

  3. 酵素風呂のほんとの凄さ!

    酵素風呂は細胞の劣化と関係ある!食べるという恩恵だけでない発酵のほんとの凄さをご紹介

  4. 酵素風呂のリラックス作用

    リラックスって医学的にどういうこと?酵素風呂との関係をご紹介

健康の10箇条『心の状態を知ることで健康を知る』

トピックス

今回は「9. 心の状態を知る」ことで 

自然治癒力の状態を判断してみましょう。 

━━━━━━━━━━━━━━━━ 

「心の状態を知る」 

━━━━━━━━━━━━━━━━ 

「心が穏やか」 

心と体は気が付かないところで 

対話していることをご存じでしょうか? 

心は神経系・内分泌系・免疫系などと 

水面下でお互いが影響し合っています。 

現在、生活習慣病や現代病など 

多岐にわたる疾病でストレスの関与が 

とり沙汰されていますが、 

心は形のあるものではありませんので 

見ることができません。 

科学的に分析することもできません。 

ですから自分の心が、今何を感じ、 

どのような状態になっているか? 

自分を客観的に見て、 

自己観察することが役に立ちます。 

私たちが何もしていない時、 

静寂の時間を過ごしている時、 

私たちの心はどのような状態になっているでしょうか? 

さわやかに感じることができているでしょうか? 

心がプラスでもなくマイナスでもない。 

暗くなければ明るくもない状態。 

外部の環境や自らが生みだす思考からはなれ、 

自分の心をのぞいて見て 

どのように感じるでしょうか? 

少し難しいことかもしれません。 

現代人は意識がいつも外に向いていることが多く、 

また自らの思考をフル稼働させながら 

日々を生きている人が多いためです。 

知性を働かせることは得意ですが、 

心を感じるという感性の部分は 

昔の人のほうが能力が長けているように思います。 

波風が全くない水面のごとく 

落ち着いているように感じるでしょうか? 

そのような心の状態の時、 

体にも変化が現れます。 

まず呼吸がゆったりしていて、 

肩や腕の力が抜け、 

余分な力が入っていない 

自然体の状態になっています。 

東洋医学で心身一如という言葉がありますが、 

心が落ち着いていて身体が力んでいることは 

あり得ないのです。 

身体の余分な力が抜けていると 

心も同様の状態になっているのです。 

それが健康とどんな関係があるのか?  

自然界の生き物である本能としての人間は、 

自分が生きてゆくことに関して、 

本能的無意識の部分で適している、 

適していないと判断するようです。 

したがって心が穏やかでなく、 

負の感情的な状態になっている時・・・ 

本能的無意識は「適していない」と 

判断するようです。 

そのように判断した場合、 

生命を守るために、 

身体に対応策をとるように仕向けます。 

その一つに闘争や逃走する対応策があげられます。 

この対応策により内臓や免疫系などの 

人体が影響を受けるのです。 

例えば、筋肉活動が活発になることで 

内臓諸器官もその対応策をとります。 

消化器系の臓器を停滞させ 

肺や心臓などの心肺機能が亢進します。 

血圧を上昇させ、 

エネルギーを作るために代謝を 

活発にするように体内が 

臨戦態勢を取ろうとします。 

当然体内で発生する活性酸素も 

増加してしまいます。 

免疫系も外部からの菌の侵略に備え、 

内部免疫を低下させ 

外部免疫を高めるようにシフトします。 

このような状態により、 

糖尿病・ガン・心筋梗塞などの 

血管障害・高血圧・高脂血症など 

生活習慣病のリスクを高めるのではないでしょうか? 

現在、食生活には注意を払う人たちが 

増えてきましたが、 

この本能的な心身の相関関係にのっとり、 

心の健康づくりを実践している方は 

意外に少ないように思います。 

心が穏やかですと、 

生きるために働く本能的な体は、 

生きるのに適しているとみなします。 

したがって前記した体の対応策を 

とる必要がなくなるのです。 

その結果、生活習慣病などのリスクを 

軽減させ健康づくりに 

大きく貢献してくれるのです。 

また心理的にも重要な側面があります。 

私たちの感情や思考の方向性 

(明るい思考や暗い思考、 

肯定的思考か否定的思考など)は、 

潜在的な心の環境によって 

大きく左右されています。 

心が穏やかな状態・・・ 

それは潜在的な深い精神・肉体が 

安定しているということなのです。 

精神は理解できるが肉体も? 

とお思いかもしれません。 

しかし、 

足の指先をどこかにぶつけた時などは、 

心は穏やかではなくなるでしょう。 

また熱があるとき、 

心も穏やかではなくなるでしょう。 

私たちが考えているより 

心はとても繊細に肉体の情報を 

キャッチしていることが 

お分かりいただけると思います。 

ちなみに食生活や生活習慣も 

心は影響を受けています。 

食べ物をどんなものを食べるかで、 

心の環境も変わってくるのです。 

繰り返しになりますが、 

心はそれほど繊細だという事です。 

ですから自分の心と向き合うことが、 

健康状態を知るための 

有益な方法となりえるのと同時に、 

心の環境づくりに取り組むことで、 

治癒力を高めることもできるのです。 

瞑想などを実践していると、 

自分で自分の心を感知する 

能力が身についてきます。 

また、心の環境づくりにも 

素晴らしい効果がありますので、 

ぜひ実践に取り組んでいただきたいと思います。 

話を元に戻しますと、 

心の状態が穏やかな時は、 

いらいらさせるのに十分な出来事が起こっても、 

それほど感情は影響されなくなります。 

また思考も 否定的思考からはなれて、 

肯定的思考の傾向になります。 

そうなると日常のストレスが 

ずいぶんと減ってきます。 

ストレスは多くの疾病に 

影響を与えているため、 

健康力が高まるということです。 

最後に大事なことは、 

心の環境づくりに外部環境を 

変えようとすることも時には必要です。 

リラックスを心がけることも必要かもしれません。 

またストレスを発散することも大事でしょう。 

しかしそれにも限界があります。 

自分の心の環境づくりを 

行うことに取り組む方が、 

断然賢い選択です。 

自分の心の環境づくりを 

行うということは、自分の心を育てる 

ということでもあります。 

正確に言えば、 

本来の自分を取り戻すということかもしれません。 

乳幼児は誰でもが心が穏やかで、 

大人ほどイライラしていません。 

もともと私たちの心は、 

「穏やか」だったんです。 

しかし成長するにつれ、 

自我が発達し自我のまま生きること、 

大人になるまでに身についた価値観によって 

生きることにより「穏やかな心」は、 

隅っこに追いやられたようです。 

ですから幼少のころの昔の自分、 

もともとの自分を再発見し、 

ありのままの本質に近い自分を 

再確認できたとき、 

「穏やかな心」は戻ってくるのかもしれません。 

穏やかな心は、 

食生活や生活習慣の中で 

十分養育することができます。 

— 

それでは次回は自然治癒力が最も働く時の状態を 

「意欲で知る」をお話しさせていただきます。 

治す意欲がある人と治す意欲が薄い人では、 

どちらが治る可能性が高まるのでしょうか? 

おそらく、治す意欲がある人ではないでしょうか。 

意欲というものが自然治癒力に 

どのような影響を及ぼすのかを 

具体的にお話しさせていただきます。 

関連記事