1. 酵素浴とは

    日本古来からの智慧・発酵。健康の秘訣「酵素浴とは」

  2. 酵素浴ひのきの特徴

    療法用の酵素や徹底した酵素管理、ホルミシス作用など、ひのきの特徴をご紹介

  3. 酵素風呂のほんとの凄さ!

    酵素風呂は細胞の劣化と関係ある!食べるという恩恵だけでない発酵のほんとの凄さをご紹介

  4. 酵素風呂のリラックス作用

    リラックスって医学的にどういうこと?酵素風呂との関係をご紹介

健康の10箇条 その2 排便の状態を知ることで健康を知る!

トピックス

今回は「2.排便を知る」ことで 

自然治癒力の状態を判断してみましょう。 

━━━━━━━━━━━━━━━━ 

「排便の状態から知る」 

━━━━━━━━━━━━━━━━ 

さまざまな病気の自己療法に 

食事療法は欠かせないものとなっています。 

私たちの身体は食べ物でできています。 

したがって体質は、日々食べているものに 

大きく影響されることは言うまでもありません。 

しかし、食事療法にも様々な理論があり、 

AとBの食事療法ではまったく違うことが 

主張されていたりします。 

ここで言う食事療法とは、 

病気に対する特定の成分効果を期待する 

という意味合いではなく、 

あくまでももっと大きな視点から 

自然治癒力を高めるという観点からの 

内容となっていますので、ご注意ください。 

自分が行っている食事療法が正しいのか? 

正しくないのか?    

自分に合っているのか? 

合っていないのか? 

不安に感じる方がいらっしゃると思います。 

しかしある程度、 

自分で把握する方法がありますので確認してみてください。 

また自然治癒力を考えるうえで、 

食べ物だけではなく腸内環境も 

考えなくてはなりません。 

どんなに良い食事を行っていても、 

消化器系に問題があり、 

うまく吸収できなければ 

十分な効果を得られるとは限りません。 

自律神経との相関関係・心理的な要因・運動など、 

食事そのもの以外にも大切な要素があります。 

それらがすべてが調和のもとに働いている状態のとき、 

もっと食事療法が生きてくるのです。 

言い換えれば、 

自律神経の働き、心理的な要因、運動などの 

調和が崩れている時、食事療法の効果が 

最大限には活かされないということです。 

では、排便の状態を見ていきましょう。 

~~~~~~~~~~~~~~~~ 

① 1日に1回以上の排便がある 

~~~~~~~~~~~~~~~~ 

どんなに良い食事をしていても、 

腸内細菌や食物線維をたくさんとっていても、 

毎日排便がないと効果が半減します。 

その場合食べるものだけではなく、 

広い観点から見直す必要があります。 

けっしていい食事をしているから大丈夫!! 

と慢心しないでください。 

できれば一日の排便は、 

1日に2回食べる人なら2回 

3食の人なら3回が理想です。 

毎日の排便があることで、 

食生活だけではなく腸の働きを考える上で、 

まずまず心身全体の調和が 

とれていることが考えられます。 

正しいと思われる食事を行っており、 

排便が数日おきしかないということは、 

その食事療法が自分に合っていないか、 

あっているんだけれども、 

腸の働きのほうに問題があるということです。 

考えられることは、 

自律神経のバランス・心の状態・日中の活動量などの 

いずれかが考えられます。 

~~~~~~~~~~~~~~~~ 

② 便の形、大きさ 

~~~~~~~~~~~~~~~~ 

形が良く量が多い大きさにして 

自分の親指大の太さで、 

バナナ1本分くらいが1回の排便量の目安です。 

また表面もツルツルしていて光沢があります。 

そして排便の後、気持ちいい・

すっきり感がある感じがします。

このような時食事のバランスや 

腸自体の働きも良いということになります。 

~~~~~~~~~~~~~~~~ 

③ 色が黄色っぽく臭くない 

~~~~~~~~~~~~~~~~ 

腸内の環境が良いか悪いかでその影響を受けます。 

肉やお酒甘いものなどの 

高カロリー高タンパク食が過ぎ、 

野菜や果物などの植物食が不足していると 

この条件は満たすことができません。 

匂いがくさいということは、 

異常な有毒ガスが腸内で発生しているという 

ことですので、要注意です。 

発がん性物質も発生しており、 

このガスを小さな動物に入れてやると 

死んでしまうそうです。 

また腸内の炎症も発生しやすい状態に 

なっていることも推測されますので 

腸管免疫にもよくない状態です。 

免疫によいということで、 

ヨーグルトなどの乳酸菌が免疫を高めるためによい 

といわれていますが、 

特定の商品をしばらく口にしてみて、 

この条件が整わないと、 

効果がないと考えてほぼよろしいかと思います。 

その場合、2つの理由が考えられます。 

乳酸菌の作用が追いつかないほど 

食事内容に問題がある。 

または、その乳酸菌自体に効果が薄い。 

ということがあげられると思います。 

~~~~~~~~~~~~~~~~ 

④ 水に浮く 

~~~~~~~~~~~~~~~~ 

排便が水に浮くということは、 

腸内でよい発酵が行われている証拠です。 

つまり腸内が腐敗していないことになります。 

食事内容も良く、腸の働きも健康的。 

おそらく腸内悪玉菌の方が勢力が少し強く、 

善玉菌のほうがやや負けている状態だと思います。 

以上の条件が満たされていれば、 

食・消化器の働き・自律神経のバランス、 

心のバランス(緊張と弛緩 前向きな心理状態)など、 

全体がおおむね調和しているということです。 

ですから食事療法を行っている方は、 

食だけではなくもう少し 

心身全体のことも頭に入れて実践してみてください。 

極端な言い方をすれば、 

上記の条件を満たす排便状態であれば、 

少々健康に良くないものを食べても、 

そう神経質にならなくても良いということです。 

ご自身の排便を観察する習慣をつけ、 

日々実践している食事療法に納得して取り組んでください。 

酵素浴ひのきには腸内環境を整えるための商品を揃えております。

排便状態が気になる方は気軽にご相談下さい。

お客様に合ったアイテムをアドバイスさせていただきます。

それでは次回は自然治癒力が最も働く時の状態を 

「腹部や手足の温かさで知る」 

をお話しさせていただきます。 

手先や足先が冷たい、お腹が冷えるなどで 

お困りの方はたくさんいらっしゃいます。 

平熱が高い方でも、このような方は多いのです。

あなたの手先や足先、お腹は冷えていませんか?

体が冷えるということは、 

体内ではどのようなことが起こっているのでしょうか?。

次回はこのようなことを具体的にお伝えさせていただきます。 

関連記事