1. 酵素浴とは

    日本古来からの智慧・発酵。健康の秘訣「酵素浴とは」

  2. 酵素浴ひのきの特徴

    療法用の酵素や徹底した酵素管理、ホルミシス作用など、ひのきの特徴をご紹介

  3. 酵素風呂のほんとの凄さ!

    酵素風呂は細胞の劣化と関係ある!食べるという恩恵だけでない発酵のほんとの凄さをご紹介

  4. 酵素風呂のリラックス作用

    リラックスって医学的にどういうこと?酵素風呂との関係をご紹介

癌サバイバートークライブのお知らせ

あるてらすのオーナー中村映自が1月16日(土)トークライブをします。

癌サバイバーとしてトークライブ、学校講演など全国を飛び回りっている杉浦貴之さんと奥さんである中村浩美さんを交え、自身の白血病から生還した体験談を語ります。

ご興味のある方は是非ご覧ください!

以下紹介文

2021年の新しい形、マガジン『Messenger』の公開インタビューライブです☆

昨年12月の池内 秀暢先生とのコラボセミナーでご縁をいただいた中村ご夫妻へのインタビュー取材を会場とオンラインで公開するトークライブです。

お話を伺い、ぜひ多くの方に2人の存在を伝えたいと思いました。行く抜くヒントがたくさんあります。

オフライン&Youtube配信!

2021年1月16日(土)中村映自&中村浩美&杉浦貴之トークライブ

『きせき 奇跡の軌跡 〜白血病の旦那と妊婦の私からはじまる幸せのカケラ探しの物語〜』

生存率15%の白血病から16年の中村映自さんと、それを支えた妻であり看護師の中村浩美さんを、命のマガジン『Messenger』の杉浦貴之編集長が公開インタビューするトークライブ!

そして、シンガーソングライターでもある杉浦貴之のミニライブ!

妻の浩美さんが妊娠4か月のとき、夫の映自さんの白血病が発覚。映自さんの療養生活、妊婦でありながらそれを浩美さんが支えるという新婚生活は前途多難なスタートとなる。

不安、葛藤の中、常に笑いとユーモアを求め、希望を見出し、生きる力を引き出し、奇跡的な回復を遂げた映自さんと家族の物語。

映自さんの白血病との向き合い方、独自のイメージ療法、養生法とは?

浩美さんの支える側としての病との向き合い方、夫の生きる力を引き出した寄り添い方とは?

お涙頂戴の悲劇のヒーロー、ヒロインなんかじゃない!本音で伝える波瀾万丈、笑いあふれる「幸せのカケラ探しの物語」をぜひ見届けてください。

中村夫妻は『Messenger』58号に登場されます。

命のマガジン『Messenger』⇒https://www.taka-messenger.com/category/messenger

☆出演 中村映自&中村浩美 インタビュー&ミニライブ 杉浦貴之

Youtubeにてオンライン配信!

☆場所

スタイル訪問看護ステーション

大阪府大阪市東住吉区南田辺1-9-23 高崎ビル3階

06-4399-5516

☆日時 2021年1月16日(土)14:00~16:00

☆料金 

《会場参加》 2,000円 

《オンライン参加》 

オンライン配信は無料でどなたでもご参加いただけます。もしよろしければ1口1,000円から活動応援としてお気持ちをいただけると幸いです。

①1口 1,000円ご支援いただい方⇒録画動画+Messenger56,57号プレゼント(2冊・No.変更可)

②2口 2,000円ご支援いただい方⇒録画動画+Messenger53~57号プレゼント(5冊・No.変更可)

③3口 3,000円ご支援いただい方⇒録画動画+『きせき 奇跡の軌跡』(中村浩美著)or『命はそんなにやわじゃない』(杉浦貴之著)or『Messenger』58号からの定期購読プレゼント

④5口 5,000円ご支援いただい方⇒録画動画+Messenger51~57号(7冊No.変更可)+『きせき 奇跡の軌跡』(中村浩美著)or『命はそんなにやわじゃない』or『Messenger』58号からの定期購読(杉浦貴之著)プレゼント

⑤10口 10,000円ご支援いただい方⇒Messenger51~57号(7冊No.変更可)+『きせき 奇跡の軌跡』(中村浩美著)+『命はそんなにやわじゃない』(杉浦貴之著)+『Messenger』58号からの定期購読

※ No.変更、本の種類は備考欄にご記入ください。

ご支援窓口⇒https://takamessenge.thebase.in/items/38030251

☆お申込み先

《会場参加》https://takamessenge.thebase.in/items/38030234

☆配信アドレス☆Youtubeで配信します。

(チャンネル登録していただき、リマインダー設定するとお知らせが届きます)

☆お問合せ先(会場参加お申込みも可)

スタイル訪問看護ステーション 

06-4399-5516

☆共催

スタイル訪問看護ステーション チームメッセンジャー

☆プロフィール

杉浦貴之

1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2019年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。http://www.taka-messenger.com

関連記事